結婚指輪の歴史

日本での結婚指輪の歴史
鎖国の影響で、指輪という宝飾品がなかなか入ってこず、指輪をする概念がなかったといわれており、指輪自体の歴史も浅く、開国した明治時代からだったといわれています。
定着しなかった理由は、いくつかあり、貴族文化が根付いていない日本では男性が装飾品を身に付ける文化もなく、西洋とは結婚式の様式も違ったためです。
戦後、西洋の文化が一気に日本の国内に広まり、 生活様式も結婚式の内容も西洋にどんどんと近づくことになり、こうなって初めて 結婚指輪の意義が大きく注目されるようになりました。
昭和40年代になると戦後の活況も伴い、一気に結婚指輪の習慣が受け入れられ、広まっていきました。

予算
結婚指輪は結婚の誓いの印に交換するものなので 両者で負担するのが相当だとされています。

予算は、婚約指輪に比べると、かなり低予算で入手することができ、二人分で15万円程度~20万円程度と考えている人が多いようです。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし