ハワイアンジュエリーとは

ハワイアンジュエリーとは
一般的にはリーフや花模様が施されたハワイ調のアクセサリーです。

古代ハワイ王族から伝わった伝統のあるジュエリーで、親から子へ繋がれる伝統的なものであり、大事な人へ想いを込めたメッセージを送るものです。

歴史
1861年、夫であるアルバート公に先立たれたビクトリア女王は、その後1901年に81歳で亡くなるまで喪服を着用していました。
悲しみのビクトリア女王の気持ちに寄り添うため、イギリス王室と深い親交があったハワイ王朝最後の君主、リウオカラニ女王は、金に黒の模様を入れ、「Hoomanao Mao(永遠の思い出)」との文言を彫らせたブレスレットを愛用します。
そのブレスレットこそが最初のハワイアンジュエリーです。
その後リリウオカラニ女王は、舞踏会を手伝ってくれた教職の女性へのお礼として、「Aloha Oe(アロハオエ)」と彫らせた同様のブレスレットをプレゼントし、女学生が彼女の腕のブレスレットに目に留め、同じようなブレスレットを着け始めたことが流行のはじまりといわれています。
現在では、ハワイの花、波のデザインをしたジュエリーのことをハワイアンジュエリーと呼び、子どもが誕生した時に子どもの名前を彫ったものを母親が身につけて、子どもが結婚するときに渡すという習慣があるようです。

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし